セックス体位48手

仏壇返しとは?気持ちいいやり方とデメリットやメリットについて

仏壇返しという名前、聞いたことがある人も多いと思います。セックス体位48手の一つで、最近の言葉でわかりやすく言うならば立ちバックです。

いつもとは違う角度から見る光景、雰囲気に普段のセックスへプラスの刺激がもたらされます。セックスへの興味がある方、相手との新しい刺激が欲しい方などにはオススメの体位と言えるでしょう。

今回はそんな仏壇返しの気持ちいいやり方やメリット・デメリットについてご紹介致します。

 

仏壇返しとは?

仏壇返しはいわゆる立ちバックの体位のことを言います。

48手の立位に部類する体位で、ある程度セックスへの経験値が高ければしたことがあるという方も少なくはないでしょう。後ろから攻める仏壇返しは興奮するルックスはもちろん、深い挿入によってまた違った快感を得ることができます。

 

仏壇返しってどんな体位?

仏壇返しは女性が後ろ向きに立ち手を床についた状態で、男性が後ろから挿入する体位です。

今でいう立ちバックの体位の事で、女性のお尻を掴み行う仏壇返しは男性の支配欲を駆り立て、女性の支配されている欲を増やしお互いに興奮することができます。床に手をつく体位なので女性には少々負担がかかります。反対に男性はやりやすい体位でしょう。

業務的な体位とは違いお互いを求めあうような激しい体位で、二人のムードも盛り上がります。

興奮度だけではなく奥深くまでの挿入が可能なので強い快楽も得られます。

 

仏壇返しはどういう時に使うの?

仏壇返しは立っている状態でする体位なのでベッドでしている時よりも、他の場所でしている時、立っている状態でキスをして盛り上がった時にするのがオススメです。ベッドを降りてするのも良いですがムードを壊さずにするには、立ってセックスが始まった時にする方が良いでしょう。

また、セックスにあまり慣れていない方には難しいと思いますのである程度回数を重ねてからの方が良いですね。

2人のセックスを何度かした後、新たな刺激を求めてするとマンネリも解消されセックスをなお楽しむことができますよ。

 

仏壇返しの気持ちいいやり方について

仏壇返しも、更に気持ち良くなれるやり方があります。

仏壇返しは女性が立った状態で床に手をついて男性が後ろから挿入をします。女性に負担がかかりやすいため、無理に床に手をつくのではなく体が硬い方は膝を少し曲げるとやりやすいですよ。また、女性のお尻を少し突き出すようにすると深い挿入ができてお互いに気持ち良くなることができます。

難しい体勢なので男性は女性のお尻腰をしっかりとつかんで、女性の腰に合わせて膝を曲げてピストンをするとうまくできますね。

 

仏壇返しが気持ちいいと感じる男女のポイントについて

仏壇返しが気持ち良いと感じる点はいくつかあります。

  1. 仏壇返しでは深い挿入ができるため、男女ともに気持ち良くなることができます。女性は深い挿入によって膣の奥に男性器が当たり快楽を得られ、男性は女性器の奥に男性器が当たり快楽を得ることができるのです。
  2. 刺激的なシルエット、興奮度が高まる仏壇返しのシルエットは男性から見てとてもエロティックです。女性の後ろ姿に男性は欲情するもので、女性が恥じらいながらお尻を突き出している姿に興奮します。また女性も恥ずかしい姿になりながらもその状態に興奮するのです。

2人の興奮度が高まることによってさらに気持ち良いセックスをすることができます。女性から見えるのは二人の結合部分。そのビジュアルはAVのようで生々しいかもしれませんが、意外にもセックス中に見えるとさらに興奮して感じてしまうのです。

 

仏壇返しへのスムーズな流れ

仏壇返しをスムーズに行うならば立った状態がオススメです。ベッドで寝ている状態から一度降りて立ち上がってするのは大変ですし、雰囲気も壊れてしまいます。

それならば初めから立っている状態からスタートするのが良いでしょう。ある程度セックスをしていくと立った状態からお互いに興奮してスタートすることもあるでしょう。

その時がチャンスです!

お互いに服を脱いでキスをして前戯をしたところで、自然と仏壇返しの姿勢に持っていくのです。立っている状態ならばスムーズに仏壇返しをすることができ、雰囲気も壊すことがありません。

もちろん寝てからでもできますよ。その場合は、場所を移動するタイミングがオススメでしょう。立ってフィニッシュを迎えることは少ないため、場所を移動している途中にするのが良いですね。

 

仏壇返しをやる時の注意点

仏壇返しをする時の注意点はバランスです。

女性はしっかりと床に手をついて自分の楽な体勢に膝を曲げないと倒れてしまう危険があります。無理にするのではなく男女ともに膝を調節して、やりやすい姿勢を見つけましょう。

また、仏壇返しをずっとやるのは女性への負担がかかりすぎてしまいます。あまり長い時間をかけるのではなく一回のセックスでの一つの体位としてやると良いですね。

仏壇返しから女性の上半身を立たせて腕をつかむ体勢と合わせてやるのがオススメです。

 

仏壇返しのデメリット・メリット

したことがあるという方が少なくはないけれど多くもない仏壇返し。男女別のメリットはもちろん、デメリットもあります。

色んな体位をしたいという方、マンネリになり始めたカップルにはオススメですのでまずはデメリット・メリットについて知りましょう。どの程度のデメリットなのか?そして気持ち良さはもちろんですが、どう良いのか、他のメリットには何があるのか?などご紹介致します。

 

デメリットについて

仏壇返し最大のデメリットは女性側への負担が大きいという点です。

仏壇返しは女性が床に手をついてお尻を上げて後ろから挿入するため、腰への負担がかかり女性は長い時間だと疲れてしまいます。また、バランスが崩れやすいという点もデメリットです。男性が激しくしすぎると女性が倒れてしまう危険があります。

この二つのデメリットを解消するには、膝を曲げて調節したり立ち上がった挿入も交えてするとやりやすくなります。男性は女性の腰をしっかりと掴み、女性は床に強く手をついて倒れないようにしましょう。

 

男性のメリット

男性のメリットは肉体的にも精神的にもあります。

肉体的でいえば、仏壇返しでは男性器が奥まで挿入でき先端が膣内に当たり強い快楽を得ることができます。また、仏壇返しでは女性の足の開き具合によって膣の締まりを変えることができ突老い刺激弱い刺激を調節できるのです。

視覚的には女性が恥じらいながらお尻を上げている後ろ姿に燃えることができます。

 

女性のメリット

女性のメリットも肉体的・視覚による精神的にあります。

仏壇返しではお尻を突き出しているため女性器の奥まで男性器が当たり強い快感を得ることができます。また、後ろからの挿入はスポットにも当たりやすく仏壇返し後の体勢でも気持ち良くなれるくらいに感度も上がるのです。

そして視覚による精神的メリットは、女性にしか見えない光景にあります。仏壇返しでは男性が女性の後ろから挿入し、女性は床に手をついた状態になるため二人が繋がっている部分を見ることができるのです。

恥ずかしさとエロさで興奮度が増しますよ。

 

まとめ

いわゆる立ちバックの体位、仏壇返しは女性が床に手をついてお尻を突き出して挿入するエロティックな見た目の48手です。見た目で興奮できることはもちろん、奥までの挿入ができ体もお互いに気持ち良くなれます。

バランスが崩れやすい体勢ですので男性は女性の腰をしっかりと掴み、女性の負担軽減のためにも膝を曲げて調節するとやりやすくなります。立った状態の体位なのでお互いにキスをして服を脱ぎ激しく求め合う時、いつもとは違う場所でするマンネリ解消セックスの時などにするのがオススメでしょう。

気になる方は一度ゆっくりと試してみてはいかがでしょうか?新しいセックスの扉が開きますよ。

-セックス体位48手
-, , , , ,

Copyright© セックス体位48手とセックステクニック上達講座 , 2022 All Rights Reserved.