セックス体位48手

深山本手とは?気持ちいいやり方とデメリットやメリットについて

 

この記事では深山本手という体位について解説してまいります。

体位のかたちとしては画像の通りで、男性の体力と勃起力が求められるのでコツを知らなければ難易度は高めかもしれません。エロ動画でもちょいちょい使われていたりしますので、「あー、知ってる」というかたも多いのではないでしょうか。

イラストを見て、さすがにできそうもないです...と思われがちですが大丈夫です。ちょっとしたコツさえ掴んでしまえば、できてしまうものです。

それでは早速、深山本手がどんな体位なのか、気持ちいいやり方やなぜ良いと言われるのかデメリットとメリットについてご紹介致します。

 

深山本手とは?

深山本手は正常位の変形版でアクロバティックな一面を持っています。

深山とは山々のさらに奥深くのことを言い、その名の通り女性器の奥まで挿入できる体位で、深い挿入は男性器の先端が奥に当たりお互いに気持ち良くなることができます。

女性が足を曲げることから屈曲位というカテゴリーに分類されています。

 

深山本手ってどんな体位?

深山本手は正常位の状態から、男性は上半身を立てて、女性の両脚を上げて男性の肩に乗せた状態の体位です。

女性が脚を上げ男性の肩に乗せて挿入するため、膣が圧迫され奥までの挿入ができ強い快感を得られやすいです。正常位の姿勢からの変形体位でコツさえ掴めば簡単にできるため、セックスの新しい体位にチャレンジしたいという方にはオススメでしょう。

体の柔らかい女性ならば、女性の足を肩にかけた状態で男性が覆い被さると深い挿入ができますし、肩にかけた足を閉じることで膣の圧が上がりさらに強い快感を得ることができます。

 

深山本手はどういう時に使うの?

深山本手を使うタイミング、いくつかご紹介いたします。

  • セックスがマンネリ気味
  • いつもと違う体位にチャレンジしたい
  • 刺激がほしい
  • 深い挿入感を楽しみたい
  • 女性に奥まで突いてと懇願されたとき

深山本手は女性が脚を上げ男性の肩に乗せて挿入するため、膣が圧迫され奥までの挿入ができ男女ともに強い快感を得られやすいです。女性器の気持ちいいポイントに当たりますし、男性器が圧迫され先端も当たるので深山本手はお互いに気持ち良くなることができます。

深山本手のアレンジになりますが、女性の足を肩にかけた状態で男性が覆い被さると深い挿入ができますし、肩にかけた足を閉じることで膣の圧が上がりさらに強い快感を得ることができますので二人で模索しても良いのではないでしょうか。

 

深山本手の気持ちいいやり方について

まずは正常位の形になり、男性は膝立ちで女性の両脚を男性の肩にかけて男性は足を持ち女性は床に両手をついた状態が深山本手の姿勢になります。この時に男性器と女性器(お尻部分)をぴったりとくっつけることでしっかりとした挿入ができます。←ちょっとしたコツです!

足を肩に乗せた状態で女性側に近づくとさらに深い挿入ができますし、密着度も上がりさらにお互いの気持ちいいポイントを攻めること、激しいセックスができるのです。また、肩にかけた足を男性の首の後ろで組むと女性器の中が締まり男性も強く気持ち良くなることができるのです。

女性器と男性器の角度やピストンを自由に調節できる体位なので、お互いの気持ちいいポイントを探ることができます。

 

深山本手が気持ちいいと感じる男女のポイントについて

男女ともにそれぞれ気持ちいいと感じるポイントがありますのでご紹介いたします。

 

男性が気持ちいいと感じるポイント

深山本手において男性が気持ちいいと感じるポイントはいくつかあります。

1.挿入の深さ

深山本手は深い挿入が特徴であり、男性にとって感じている女性を見て興奮度が上がることはもちろん、男性器の先端が女性器の奥に当たり気持ち良くなることができます。

2.女性の足の開き具合によって膣圧が変わる

膣圧が変わる(強まる)と男性器への圧がかかり強い刺激が得られるのです。

3.視野が広い

あたりを見渡せるので、感じている女性のすべてを見ることができ雰囲気も高まるでしょう。

 

女性が気持ちいいと感じるポイント

女性にとって深山本手の形は少し恥ずかしい体位かもしれません。しかしその恥ずかしさが更なる興奮につながり気持ち良くなることができます。また深い挿入によって男性器が奥まで届きポルチオを刺激され、強い快感を得られます。

激しく突かれても大丈夫、むしろ奥が感じる女性にとって深山本手はうってつけの体位ですね。

 

深山本手へのスムーズな流れ

深山本手をスムーズにするのは他の体位よりも簡単です。

基本姿勢が正常位なので、挿入してお互いに慣らしてから男性は両膝立ちしつつ女性の足を持ち上げ肩にかけます。ここで男性が女性に近づけば近づくほど挿入の深さは深くなり、女性が足を閉じれば閉じるほど膣圧が上がります。

男性は女性の太ももを掴むと奥まで突きやすいでしょう。なお、いきなりの深い挿入は女性に負担がかかるため、徐々に深くしていくのがオススメです。

 

深山本手をやる時の注意点

深山本手をする時に注意する点は、主に以下の4つになります。

  • いきなり奥まで深く挿入しない
  • 経験の浅い女性は痛みをともなう可能性あり
  • 男性が体重をかけすぎてしまうと女性への負担がかかってしまう
  • ピストンはショートストローク向き(ペニスを激しく出し入れしない)

徐々に奥まで挿入することを繰り返すと強い快感を得ることが可能です。

 

深山本手のデメリットとメリット

深山本手にもデメリットやメリットがございますので、いくつかご紹介致します。

 

デメリットについて

深山本手は強い刺激がメリットですが、それは同時にデメリットでもあります。挿入がしやすい分、いきなり奥まで挿入してしまい女性が痛みを感じる場合があります。

そのため、徐々に挿入して深さを調節する必要があるのです。男性が慣れていたり女性が相手に伝えないと、深すぎる挿入は女性器を傷つけてしまうかもしれません。

優しさのあるピストンを心がけましょう。

 

男性のメリット

一つ目は、エロティックな女性のすべてを見ることができる点です。深山本手は女性の足を上げて挿入するため、女性の感じている顔や体全体を見ることができとても興奮できます。

二つ目は、ピストンしやすく調節しやすいという点です。深山本手ではお互いの体が密着するためピストンがしやすく、自分で調節できるため早漏の人は浅めにしたりすると良いですね。

三つめは、深い挿入は男性器の先端が当たり、さらに女性の足の開き具合で膣圧が上がり強く感じることができます。

 

女性のメリット

深山本手はポルチオを刺激してくれる体位です。

男性器が女性器の奥まで挿入され、角度を調節できるためポルチオを刺激してくれます。男性器を強く感じることができ、密着度も高いため強い快感を得ることができイきやすくなるのです。

また、足を伸ばしていると膣内の角度が伸ばされ気持ち良さも増します。そさらに、男性に見られている恥じらいが興奮度を高めるでしょう。

 

まとめ

深い挿入を楽しめる深山本手は、正常位の変化形でコツさえ掴めばとても簡単に行うことができます。新しい体位を試すのに最適と言えるでしょう。

いきなり激しく突きすぎると痛みを伴う場合があるため気をつけながらチャレンジすれば、密着度も高く愛情を感じながらとても気持ち良くなることができます。男性が女性の足を持ちリードすることでスムーズに深山本手に入ることができますので、徐々に慣れてから挑戦してみましょう。

-セックス体位48手
-, , , , , ,

Copyright© セックス体位48手とセックステクニック上達講座 , 2022 All Rights Reserved.