セックス体位48手

しぼり芙蓉とは?気持ちいいやり方やデメリット・メリットについて

さて、今回は「しぼり芙蓉」という体位についてご紹介致します。

セックスの48手には江戸時代から行われていた歴史の長いものもたくさんあり、名前も難しいものもありますね。現代では言い回しが変わり、形はわかっていても名前は知らないという方も多いでしょう。しぼり芙蓉は背面座位の中のひとつで、女性が主導権を握る体位になりますから女性の腰使いがカギを握ります。

そんなしぼり芙蓉とはどんな体位なのか、どうやったら良いのか、デメリット・メリットについてまとめました。

 

しぼり芙蓉とは?

48手の一つであるしぼり芙蓉は、背面座位という体位の中のひとつで女性が主導権を握り男性を気持ち良くさせる体位と言えます。

セックスでは男性側が女性側を攻める体位が多いですが、女性が男性を攻める数少ない体位の中の一つがしぼり芙蓉です。しぼり芙蓉の歴史は長く江戸時代から親しまれており、男性がピストンするのではなく女性がピストンして男性を魅了する体位となります。

セクシーな見た目と女性が動いている姿に興奮し、セックスをさらに盛り上げることができます。

 

しぼり芙蓉ってどんな体位?

しぼり芙蓉は女性が男性の上に座り女性がピストンする体位です。

通常の背面座位と同じ形で、座っている男性に女性が背を向けた状態で座り女性が腰を動かします。どちらが動くかによって体位の名前も変わり、男性がピストンするのが本駒駆けと言い、しぼり芙蓉は男性の上でゆっくりと女性が動く体位となります。

男性は足を伸ばして座り、そこに女性がゆっくりとまたがりながら挿入して男性器をしぼるかのようにピストンします。普段攻められることが多い女性がセックスに積極的になることができ、男性を攻めて気持ち良くさせることができるのです。

 

しぼり芙蓉はどういう時に使うの?

しぼり芙蓉は女性が上になるため、騎乗位の時に流れでしぼり芙蓉に持っていくのが良いでしょう。

騎乗位から男性の体を半身起こさせてそこに座りゆっくりと腰を下ろしながら挿入していきます。セックスでは男性が主導権を握ることが多く、正常位などの同じ体位ばかりになりがちです。ですから、たまには雰囲気を変えたい、彼を夢中にさせたい、セックスが好きな女性にはしぼり芙蓉は大変オススメですね。

しっとりゆったりとした体位となるため、セックスを二人で楽しむことができます。また、フェラチオをしてからのしぼり芙蓉は、女性がセックスに積極的な姿で男性に興奮してもらえますよ。

 

しぼり芙蓉の気持ちいいやり方について

どの体位も単にやれば良いとものではありません。

気持ちいいやり方はそれぞれあり、しぼり芙蓉にももちろん気持ち良くするやり方があります。しぼり芙蓉を気持ち良くやるには女性がカギを握っています。

男性は足を軽く閉じた状態で座り、その上に女性は背を向けてゆっくりとまたがり挿入します。挿入時は男性器を優しく手に持ち女性器に入れていきます。挿入時は男性も女性も感じやすいため、挿入の感覚を大切にゆっくりとしたピストンをすると良いでしょう。

また、クリトリス、女性器を擦りつけるようにすると濡れ具合も上がり男性器も擦られて焦らしが興奮剤となります。

 

しぼり芙蓉が気持ちいいと感じる男女のポイントについて

男性が気持ちいいと感じるポイント

男性はしぼり芙蓉だと、男性器が女性器に挿入される入り口の気持ち良さを味わうことができます。

女性器の入り口によって男性器が包まれるような感覚です。女性の動きによって男性器が擦れて圧力がかかり強い刺激にも変わります。

そしてもう一つは、女性の後ろ姿と女性が腰を動かしている姿に興奮できるというのが気持ち良さのポイントとなりますね。

 

女性が気持ちいいと感じるポイント

しぼり芙蓉は激しいピストンではなくゆっくりとまったりとしたピストンになります。ですから、挿入する時の男性器が女性器にグッと押されてくる感覚がとても気持ち良く感じられるでしょう。

また、女性は主導権を握ることができるため自分で調節でき気持ち良いポイントを探ることができます。

 

しぼり芙蓉へのスムーズな流れ

しぼり芙蓉をスムーズに行うには、まずは女性が上になるところからです。

騎乗位やフェラチオをしてから男性の体を半分起こして、女性は背中を向けてまたがり座ります。この時に男性器を手に持ち座りながらゆっくりと女性器に持っていくのです。女性が自ら挿入する行為は、男性にとってとても興奮する行為ですので恥ずかしがらずに男性器を刺激しながら挿入すると喜ばれます。

また、腰を動かしている時に男性の玉を触ったり女性のクリトリスをこすりながらするとさらに気持ち良くしぼり芙蓉を楽しむことができますよ。

 

しぼり芙蓉をやる時の注意点

しぼり芙蓉をする時にはいくつかの注意点があります。

1.挿入時の注意点

座っている状態の男性の上に乗る形で挿入をするため、男性器を持ちゆっくりと挿入しないと外れてしまう事があります。外れてしまった場合、男性も女性も痛みがあるため気をつけましょう。

2.激しくしすぎないこと

激しく腰を動かしすぎると抜けてしまう可能性がありますし、女性への疲れ、負担が大きくなってしまいます。ゆっくりと焦らすようなピストンが二人の興奮を高め気持ち良さを増やしてくれます。

また、女性への負担が大きいため疲れていない時にする、あまり時間をかけないことがポイントとなるでしょう。

 

しぼり芙蓉のデメリット・メリット

女性が主導権を握るしぼり芙蓉ですが、しぼり芙蓉をする上でデメリットやメリットは知っているに越したことありません。

何も知らず興味本位で行っても気持ちよさは得られませんので、知識だけでも頭に入れておきましょう。

 

デメリットについて

しぼり芙蓉のデメリットは2つあります。

1.女性の負担が大きい

女性が腰を動かすしぼり芙蓉は女性が疲れ、負担がかかりやすくなります。長い時間しぼり芙蓉をしたり、女性が疲れている時にするとうまくできなくなりますので注意してくださいね。

2.激しいピストンは出来ない

しぼり芙蓉の体勢ではあまり激しい動きは出来ず、少し動きにくくなります。ですから、しぼり芙蓉ではゆったりとしたエロティックな雰囲気を楽しみましょう。

 

男性のメリット

しぼり芙蓉の男性にとってのメリットは、女性のエロティックな姿を見られるという点です。

セックスに対して恥ずかしさがある女性は多いでしょう。しかし積極的な女性が好き、興奮するという男性は多くしぼり芙蓉ではそんなセックスに意欲的な女性を見ることができます。女性が腰を動かす後ろ姿はセクシーで征服できた感覚もあり興奮します。

そしてもう一つのメリットは、女性の動きによって得られる強い刺激です。挿入感強く感じられるしぼり芙蓉は、男性器がしぼられるような快楽を得ることができ女性が乱れれば乱れるほど気持ち良くなれます。

 

女性のメリット

しぼり芙蓉は女性が主導権を握るため、気持ちいいポイントを見つけやすいというメリットがあります。

男性が主導権を握ることが多いセックスですが、しぼり芙蓉では女性が腰を動かし乱れる体位となります。自分で気持ちいいポイントを探ることもでき、クリトリスを擦りつけるとさらに強い快楽を得ることができます。女性が上の方が中イキしやすく、しぼり芙蓉で自分のどこが良いと感じるのか探しておくのもベストでしょう。

そして女性が動くことによりカロリー消費が多くなるので、ダイエットにもおすすめかもしれません。

 

まとめ

女性が主導権を握るしぼり芙蓉は、男性の上に乗り積極的な女性を見ることができる体位です。

上からのまっすぐな挿入は男性女性共に強い快楽を得ることができます。男性の上に乗り男性器を女性が手に持ちまたがることでスムーズにでき、しぼるような男性器への刺激と女性の奥への刺激が気持ちいいポイントとなります。

挿入時に外れないように注意して女性への負担を気にしながらゆっくりすると、女性の積極的な姿を見ることができ女性自身もセックスに夢中になることができ楽しめます。

-セックス体位48手
-, , , , ,

Copyright© セックス体位48手とセックステクニック上達講座 , 2022 All Rights Reserved.